健康はふとんから

機能性寝具研究会・ホルミシス寝具取扱店 
アクセスカウンター

ワンエムフォー21

 
 
寝ている間に免疫力アップ!
ガン患者に多い低体温を改善する、
ホルミシスふとん
 

微弱な放射線は体に有用な効果

 
強い放射線は体に有害ですが、一方、微弱な放射線は、私たちの体に有用な影響をもたらします。微量の放射線によって細胞が刺激され、抗酸化物質(活性酸素による酸素を抑制する物質)が増えたり、免疫力(病気に打ち勝つ力)が高まったりするなど、多くの効果が期待できるのです。
この微弱な放射線がもたらす作用が「ホルミシス効果」と呼ばれるものです。現在、医療の現場でもこのホルミシス効果が注目を集め、さまざまな研究が進められています。私たちは、放射線治療などの医療的な瞬間暴露ではなく、日常生活での微弱な放射線利用が、生体にどのような影響を及ぼすかについて研究しています。
例えば、ホルミシス効果のある天然鉱石を練り込んだふとんを使って、検証を行いました。ここでは、この結果を報告いたしましょう。

ホルミシス効果のあるふとんを、イオンテスターで計測

まず、このふとんで寝ると、体がぽかぽかと温まってきます。21〜55歳までの成人男性26名の協力を得て、このふとんで60日間寝てもらい、直腸温を記録しました。この結果、直腸温が平均0.29度上昇することが明らかになりました。
直腸温が上がると言うことは、体の深部体温が上がることを意味します。これによって、基礎代謝(安静時のエネルギー消費)がアップし、血液循環がよくなり、免疫力が向上するなど、さまざまな効果が期待できるのです。
もちろん、低体温の改善にも役立ちます。
最近、ガンの新しい治療法として脚光を浴びているものに「ハイパーサーミア」という温熱療法があります。体温を高めに保つことで、放射線や抗がん剤の効果を増強しようと言う治療法です。このホルミシスふとんの場合も、こうしたハイパーサーミア効果が期待できると考えられるのです。
第二に、このふとんを使うと、熟睡できます。私たちの健康を守る上で、深い眠りがいかに重要なものであるか、それが多くの研究によって確かめられつつあります。例えば、熟睡することで、成長ホルモンの働きが促進され、活性酸素を除去する酵素の働きもよくなるのです。
こうした優れた健康効果を有するホルミシスふとんは、ガン予防や改善のためにも、大いに活用できるといえるでしょう。

メールは こちら
 
当店のゆうちょ銀行口座 
0500 56881 
有限会社 モードモカ